冠婚葬祭の形態の変化と散骨について

###Site Name###

冠婚葬祭は古くから人生の節目として行われる行事で、特に葬儀は故人の死を悼み、思い出を偲ぶ儀式として重視されています。
冠婚葬祭は一般的に費用が高額になりやすく、参列者も多くなる傾向があるため、生活様式が多様化した現代社会においては小規模な内容で行われるケースが増加しています。

特に都市部では生活様式と古くからの習慣が合致しないことが多いことから葬儀のスタイルも多様化しています。
葬儀における故人の扱いについては、火葬場で遺体を焼却した後は墓に弔うのが普通ですが、地価の高騰による墓の維持の難しさや故人の要望によって散骨が行われることがあります。



散骨は遺灰を墓に納めずにそのまま撒く行為を指しますが、正式な手続きを踏まないと違法行為と見做されてしまうので注意が必要です。



また、手続きを終えて許可を得た場合でも第三者の私有地には勝手に散骨はできない点も併せて注意します。

冠婚葬祭を扱う葬儀会社によっては手続きに手間がかかる理由から散骨行為を拒否する所もあるので、トラブルを避けるために必ず事前に確認しておくことが遺族の務めです。
本人の要望を最大限まで受け入れるのが葬儀の本質ですが、同時に社会的な制約や金銭面の負担などを考慮することが遺族の生活に負担をかけないための大切な条件です。

そのため、葬儀や埋葬については本人と予め相談を行い、親族と意思を共有することが納得できる葬儀にするための重要なポイントになります。

コトバンクなら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。