現在おこなわれている自然葬の種類は

###Site Name###

死生観や宗教に対する考え方が大きく変化している昨今、自分が亡くなった後も従来のように墓石の中で眠るのではなく、雄大な自然に囲まれて安らかな時を過ごしたいと考える人が増えています。

墓石ではなく自然の中に埋葬することを自然葬といいますが、ニーズの高まりを受けてこのような埋葬スタイルを提供する寺院や霊園、葬儀業者の数も増えてきました。

自然葬の代表的なものといえば散骨です。

今探すならこちらのブログの情報をあなたにご紹介いたします。

細かく砕いた遺骨を自然に還すこの埋葬方法は、墓標も残したくない、自然の一部となりたいと考える人達に人気です。



散骨場所はおもに奥深い山や海になり、散骨にかかわる手続きなどを引き受ける業者も存在しています。
また近年になって人気を集めている樹木葬も自然葬の一つです。

こちらは散骨とは違い、墓標の代わりに樹木を植えるスタイルです。


寺院の敷地や野山などが樹木葬を行う場所になっていますが、公園のように整備され、遺族がお参りしやすいようになっているところも数多くあります。
樹木葬だと遺族がいつでも会いに来ることができるので、自然の中で眠りたいがお墓は残したいという人には適しているスタイルです。
このようにライフスタイルや価値観の変化に応じて、自然葬にもさまざまなスタイルが生まれています。

もちろんお墓は故人の遺志だけで決められるものではありませんが、後継者問題も深刻になる現代では、お墓の維持管理に手間がかからないうえ、費用も安く済む自然葬を選択する人は、これからも増えていく可能性が高いでしょう。