海洋葬における冠婚葬祭の意味とは?

###Site Name###

最近の葬儀では「自然葬」といわれるやり方が密かに人気を集めているそうです。

中でも海洋葬と言われる、海に散骨する方法が注目され始めています。それは、日本の人口構成が「少子高齢」となり、お墓に埋葬されてもそのお墓を守る子孫が減ってきて、お墓の管理や法事の心配を遺族にかけないようにするため故人が希望するというケースが多いということです。
これは冠婚葬祭全般に言えることでもあるようです。

少子のために結婚式自体が減ってきたため、結婚式場が廃業しそのまま葬儀ホールに鞍替えたという物件が増えてきたと言われます。
しかし本当に少子高齢化だけが理由なのかと言えば、そうとも言い切れないと思われます。

何故なら冠婚葬祭にかかる費用は高価なので、一般の金銭感覚ならば少しでも抑えたいと思ってもおかしくはないでしょう。

冠婚葬祭とは業者以外毎日のように経験するものではないので、少し前の価値観であれば費用をかける事があたりまえでしたが、昨今の経済状況と様々な情報により、なるべく簡単で費用も抑えたいという傾向になったように感じられます。


特に冠婚の儀式の方は親族と友人間で食事会を催して終わり、余った予算は新生活のスタートや旅行に回すといった、現実的な使い方が多くなったようです。



そして葬祭の儀式ですが、こちらもなるべく簡単質素で格安というのが故人と遺族の希望となり、注目を集めているのが海に散骨するスタイルの海洋葬なのです。
散骨のやり方は個別、合同、委託散骨とあり、中でも格安は業者委託散骨です。

東洋経済オンラインについて詳しく知りたいならこのサイトです。

個別や二組以上の遺族との合同になりますと船のチャーター料金がかかりますが、委託は代行散骨する手間賃や写真代くらいになります。
海洋葬と言われるようになり、手掛ける葬儀社も増えました。



散骨する海域も選べるようになってきており、これからの葬儀に対する選択肢が増えたと思われます。